FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2019.09.25 (Wed)

がんと告知を受けて 妻の手記 3

twitter_icon_e4ffe0d53526ee843b94f781bc52ced3.jpg
先ず「ガンの患者会」に入会して、今日から出来る早寝 早起き 体を冷やさない 痛みのあるところにビワ葉擦法その後 玄米を炊いて食べてもらう。

 セミナ-・例会に誘う。これは紹介した以上 主人が責任をもって「治る」の手本になってもらうために 私の友人、仕事のお客様の紹介 そんな中でとうとう仕事の話の半分以上が「ガンの治癒力」の事を話しをしている主人を、横で見ていると本当にいきいきと輝いている。
 
 例会へも二人で行きお会いした患者様・その家族の方々との中で 食事 お手当 生活を学ばせて頂き、少しでも患者さんのお役にたつことが出来たらと思いました。 

ある日、 事務所で昼食をとっていると「玄米ご飯を一度食べさせて。」 と若い会員の女性が(例会でお会いしたことがある人)お見えになって、食べた後30分ぐらいで急に腹痛をおこし それも ただの腹痛じゃなく椅子

に座っておれなくなり部屋中の膝掛け・座布団を引き詰めて、床に横たわり私の手を爪の跡が残る程握り締め 痛い痛いと泣きわめくので「こんなになるのははじめてですか。」と聞くと「いつもこんな痛みがあります。」と聞き、それでどうか なられてはと思い 救急車を呼ぼうと思ったのですが、本人さんは看護士さんで絶対呼ばないで、病院を抜け出して「やっとお手当を始めたばかりのに又、病院に入れられる」と言いはる。

事務所の中には手当専門に使っている物はなく掃除ようゴム手袋・すり生姜・タオルある物ばかりで 温冷を主人と2人で無我夢中で痛みが引くまで四時間やり続けました。やっとの事で顔に赤みが出て笑顔が戻ってこられ、今までの状態が嘘のような…信じられないようなお手当の力。やっぱりお手当はすごいものがある。

 すべての痛みに効く治る力お手当の力を感じました。
 
びわの葉 とホットパック 2
 
昨年は、インストラクタ-になってすぐに息子の嫁(看護士)が腎臓が痛み出して食べる事も夜寝ることも出来なくなって 医者に診て頂いたのですが 身ごもっているので、レントゲンで詳しく診る事は出来ない・薬は出すことが出

来ないのでどうする事も出来ないと言われ、朝から夕方まで休まず手足温浴・全身生姜罨法を繰り返し、小豆昆布を食べ5日間ぐらいで良くなり無事出産ができました。

このお手当で嫁・姑じゃなく本当の親子になり、娘からあなたの娘でよかったという手紙をもらい。幸せです。 その後、ご両親もガンになり今「治る力」お手当の毎日。

 実母も1ヶ月の内2週間は腸閉塞になり 病院に入退院を繰り返す。
玄米は消化が悪いといって食べなかったのですが、あまりにも頻繁に起こる激痛。口から管を入れ四日間の絶食。やっと玄米菜食を始め、起こる間隔が長くなってきて、また痛くなるとへそ灸をすると、痛みが消え この頃では腸閉塞は起こらなくなりました。
06:00  |  未分類

2019.09.19 (Thu)

がんと告知を受けて 妻の手記 2

 ホットしたと同時に安心感になり今までの重い気持ちが抜けました。
毎日、自宅を出ていったん事務所から、玄米おにぎり、人参ジュ-ス ビワ茶を持って1時間30分、病院に通いました。 希望がもてるとすべてのものに自信がついてくる。又 仕事で申請書類等もなるべく主人には「治る事」だけを頭に入れて、他の事はなるべく私がするようにして心配かけないようにしてもらいたいと思っていました。
 
 手術の当日も、講演会で聞いた事をしっかり頭に入れていたので、安心をして ゆったりした気分で望むことができ、朝4時に息子二人と家を出て 手術室まで送り 手術後の医師の説明もしっかりテ-プに取り、普段は頼りない息子と思っていた二人が質問までもして… ああ やはり「家族の力」ってすごいなと感じました。 
 
 退院時に主治医から「あまり効かないけれど 抗がん剤はどうする。」とのことでしたが「しません。」と自信満々。
退院後の生活指導の栄養士さんからの説明会では、余裕をもって また確かめる意味で「玄米菜食にしたいのですが。」と質問すると「そんな消化の悪い物はいけません。」との回答が返ってきました。こんなに体に優しい玄米なのにもったいない。

 やっと退院して一ヶ月後に 再び交通事故
玄米菜食の下準備した野菜・ 圧力鍋・パソコンが後ろの座席から前に、飛んできました。ガソリンスタンドから出ようと思ったとたんに、ランドクル-ダ-とぶつかって、助手席に座っていた私は、救急車を呼ぶのが精一杯。
 
 主人は車から脱出出来ない状態でレスキュ-に車の前の部分を壊して出して頂いて、頭手から血を流し救命救急センタ-へ救急車で、運ばれました。悪い時って重なるものでまた入院。肋骨が折れて肺に穴があいて、医師からまた最悪の場合の説明。やっと立ち直りかけた気持ちが…  
 やっと立ち直りかけた気持ちが… 痛い痛いの繰り返しの主人。担ぎ込まれた救急救命センターでは周りを見ると生死をさまよう方ばかり、ああこの環境ではまた主人の免疫力が下がる、なるべく早く、この病院から早く退院をしなくてはと思い、近雪の降って寒い日に息子に抱えられ、無理やり退院。その後も事故の後遺症で背中の痛みがあり、今まで以上にお手当三昧。生姜罨法、びわの葉湿布、びわ温灸。
 
 家族の力は〈治す力〉家族の思いが治る希望になる。 家族も本人同様基本からの勉強 抗ガン剤も 食事も 病院の指示に従わなかったからには絶対家族で治す。早寝・早起き・玄米菜食・運動・気功・手当を凡時徹底のサポ-ト役。
 「治る・治る」に自信満々。退院をしたら神戸でセミナ-が開催され、当時は毎月神戸でセミナ-がありました。 一回も欠席することなく頭に叩き込む。

 それに患者会に出かけ同じ闘病を続ける友人達に出会える、その時の嬉しそうな顔は恋人に会いに行くようなソワソワ・ドキドキ で私もこれが、自然治癒力・ 免疫力が持ち上がると思いました。例会が始まると本人は勿論家族からも、今の状況をに報告する形式で、ボケッ-とはしておれません。

次回に続く

P1040402.jpg
06:00  |  未分類

2019.09.18 (Wed)

癌と告知を受けて (家族の思い) 連続1


 19年前私がガンと告知を受けた時、妻がどう思ったのか、連載で妻の手記をご紹介いたします。家族の方達へご参考になりますように。
              告知直後の衝撃段階
 今まで あまり夫婦の会話というのもなく 又 がんという病気に無知だった二人だったので 病気のことは医者に任せるしかないと思っていました。だから一日でも早く手術をしないと、ガンが大きくなると思い込んでいました。

 主人に何も返す言葉がなく、うなずくしかなかった私でした。「 早く切り取ってほしい」。でも手術をしてもらう病院が、どこがいいか分からないという状態の中で、少しでも自分たちよりも 医者に対して知識がある歯科医である弟に、紹介をしてほしいとお願いしたら 友人のお兄さんが腸専門の外科医であるとのことで、早速その病院に行きました。

 でも手術は一ヶ月先と言われ、またまた不安になり 一日のうちでも、怒ったり 落ち込んだり いらいらしたり 無力感になったりでこんなことしていたら体中にガンが転移してしまう。
 市の健康検診の腸便潜血検査で陽性で病院で再検査という知らせに、すぐに橋本市民病院で精密検査を受けたのですが、ガンではないと言われ六ヶ月間は放置した状態でした。

 定期検診を受けていたの「なぜもっと早く見つけてくれなかったのか」といっては怒り、その日によっては さまざまに気持ちが揺れ動き とても仕事が出来る状態ではなく 色々調べ、レントゲン写真を持って遠くは東北秋田まで行き、本当に納得いくまで医師を捜しました。

 それからも眠れなかったりで気分が優れず、あえてあまり話かけず見守るようにしてました。というのも三十年前にも実父を胃ガンで亡くしている。

 父も退院後 体力をつけなければと甘いものやお肉を取り、食べては苦しくなり「後十年したらガンに効くいい薬が出来るのだろうな」が口癖のように でも三十年経った今でもガンの特効薬はない。その時、命をかけて信じ待っていたのが心霊術、香港にそれを受けに行く「また日本に来てくれる」。
 
それを一番待ち望んでいました。その後、三回ぐらい受け体力が無くなり、今思うと、再入院でガンが喜ぶ点滴を沢山受け、今また同じ患者の家族として何も手助けすることも出来ない自分自身の心の動揺を乗り越えることが精一杯でした。

  心の整理役として、そして自分に起こってくることは、神様の呼びかけではないかと思えるようになりました。(仕事のこと・治療のこと・生活の内容を一緒に整理する・生活が前向きに取り組めるように)無知な二人から脱出出来たのは インターネットで見つけた患者会とガン患者だった柳原和子さんの著書「ガン患者学」でした。 手術日が決まった後 インタ-ネットで 見つけた講演会がある事を知り、病院を抜け出し 二人で行きました。 超満員の会場 立っている人もかなりいて がん患者で熱気ムンムン。

ガンも自らの努力で治せる。 ガンは治る。治った人がいる。ということで 告知を受けた時以来の、不安感がうそのように軽減され 希望が持てる事が出来ました。帰り際 出入り口付近でビワの葉を頂いている、「私たちにも頂けるかな。」足が前の人に詰め寄って、箱の中を覗き込んで手にした時は、本当に高価な薬より以上のように見えてた。それからは、ガンは自分で治せると思うと、ホットしたと同時に安心感になり今までの重い気持ちが抜けました。
  明日次回に続く
P1040400.jpg
15:44  |  闘病体験記

2019.09.04 (Wed)

09/03のツイートまとめ

kukai0321

@hyakutanaoki 今虎の門ニュースで見ました。
09-03 22:09

04:56  |  未分類

2019.09.03 (Tue)

09/02のツイートまとめ

kukai0321

お手当実習会開催2019年9月3日〜4日(水)10:00〜15:00場所大阪市西区南堀江2-26-27-303びわ温灸、全身生姜湿布、びわの葉温湿布、里芋パスター問合せ先080-3853-1139憩いの森迄 https://t.co/SI4hsFlNCw
09-02 11:17

04:20  |  未分類
 | HOME |